梨本宮里ピアノデュオ 2019秋コンサート開催!

東京藝術大学の同期生、宮里倫史氏と梨本卓幹によるピアノ・デュオ<梨本宮里ピアノデュオ>によるコンサートが、2019年秋に開催決定しました!!!


20世紀以降の作曲家によるステキな作品たちをお届けします。中には、めったに生演奏に出会えない作品も...?

詳細は続報をお待ちください♪


梨本宮里ピアノデュオ

梨本卓幹と宮里倫史によるピアノ・デュオ。
東京藝術大学在学中の2015年に結成。藝祭2015での自主企画コンサート「四手で奏でる現代の調べ」にて、ウルマス・シサスクの《スパイラルシンフォニー》や、アンリ・デュティユーの《響の形》などを演奏し好評を得る。2016年、東京藝術大学演奏芸術センター主催コンサート「今日は1日サティの日」ではデュオやそれぞれのソロで出演。2018年2月に開催された作曲家、高橋宏治氏の個展では世界初演を含むソロ及び二台ピアノの全楽曲の演奏を務めた。主に現代音楽をレパートリーとした、新進気鋭のピアノデュオ。

Facebook ページ

Youtube

Twitter @nashimiya_pduo

梨本卓幹

1995年長野県千曲市生まれ。東京音楽大学付属高等学校ピアノ演奏家コース、東京藝術大学音楽学部ピアノ科を卒業。その後2020年ハンガリー国立リスト・フェレンツ音楽院にて修士号ディプロマを取得。ソロ以外にもピアノトリオ《Trio Roppi》や現代音楽ピアノデュオ《梨本宮里ピアノデュオ》、また即興演奏やライブエレクトロニクスを用いた新曲初演など、多岐にわたって活躍を見せる新進気鋭のピアニスト。