【動画公開】ライモ・カングロ『Klimper Op.20-4』by 梨本宮里ピアノ・デュオ

2019年11月2日に渋谷・公園通りクラシックスにて開催された「梨本宮里ピアノ・デュオ Contemporary Piano Duo Concert -響鳴-」より、エストニアの作曲家ライモ・カングロのKlimper Op.20-4のライブ演奏をYoutubeにて公開いたしました。

この演奏が日本初演となります。是非ご覧ください。

梨本宮里ピアノ・デュオ

Primo: 梨本卓幹

Second: 宮里倫史


サウンドエンジニア: 増田義基


〜Program Note〜

彼の作品に耳を傾けると無意識に拍を刻んでしまう自分がいる。自然と腹の奥を疼かせるその躍動的な鼓動こそが、人類の歴史と共に我々が代々受け継いできた「記憶」なのではないか。などと太古のロマンに思いを馳せてしまうほどに、彼の紡ぐ打楽器的なリズムは特徴的である。かつてハンガリーの作曲家バルトークは、「打楽器が持つキャラクター」をピアノを始めとする各楽器によって再現・表現した。しかし、カングロの書く「打楽器感」というのはどちらかというと、彼が感じ取った「各楽器の持つ打楽器的な特徴」を凝縮・表現した結果なのではないだろうか。
ピアノという楽器は、鍵盤を下げるとその先に付いたハンマーが、ピアノ内部に張ってある弦を打つ、いうなれば「鍵盤打弦楽器」なのであるが、今回演奏する作品においては、低音から高音まで幅広く用いられる内部奏法によってそんな「鍵盤打弦楽器」の打楽器的な側面が大いに表現されている。
エストニアの音楽界を牽引したライモ・カングロのどこかお祭り的なこの作品を、コンサートの幕開けとしたい。

文/梨本卓幹

梨本卓幹

1995年長野県千曲市に生まれる。
幼少の頃よりヤマハ音楽教室にてピアノと作曲を学ぶ。東京音楽大学付属高等学校ピアノ演奏家コースを特待奨学生として優等賞で卒業。その後東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻を卒業し、現在はハンガリー国立リスト・フェレンツ音楽院の修士課程に在籍。Stipendium Hungaricum奨学金生。
TrioRoppi、梨本宮里ピアノ・デュオ、市川市文化振興財団フレッシュアーティストバンクに所属。
これまでにピアノを松橋千恵、武沢洋、篠井寧子、斎藤雅広、西川秀人、岡田敦子、横山幸